ブログ | 平塚市、藤沢市周辺,静岡沼津市,三島市,の雨漏り・屋根修理・防水工事は株式会社ユミザインテック平塚にお任せください。

ブログ | 平塚市、藤沢市周辺,静岡沼津市,三島市,の雨漏り・屋根修理・防水工事は株式会社ユミザインテック平塚にお任せください。

ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 雨仕舞に重要なの屋根下地しくみ

雨仕舞に重要なの屋根下地しくみ

雨の降り方が激しいときであっても、屋根葺き材の隙間から雨水が浸入しないように
屋根には「雨仕舞」という処理が施されますがそのなかでも、屋根下地の果たす役割はとても大きいです。

一般的な勾配屋根は、棟木、母屋、垂木と
野地板、下葺き材、屋根部基材で構成されますが
特に下葺き材の重ね合わせ(重ねしろ)や、谷部分での捨て張り
壁際の立ち上げ部の増張りなどは、慎重な防水補強が必要な部分です。


ここでは、下葺き材について見ていくことにしましょう。


下葺き材には、アスファルトルーフィング、アスファルトフェルト、合成高分子系シートなど
幅1メートル程度の長尺シートが使われることが多いです。
また、アスファルトルーフィング類には、耐久性や耐熱性を強化したものや
透湿性能を持たせたものなどもあります。


下葺き材は、軒先から平行にして張りはじめていき
シートを慎重に重ねながら順番に棟側へと張り進めていきます。
隣り合わせとなるシートどうしの重ねしろは
幅方向で200㎜、流れ方向で200㎜程度とするのが一般的です。


シートにシワやたるみがあると、のちのちシートの破損や重ねた部分の口が開いてしまうことがあります。
それは、雨仕舞にとって良くありませんので、慎重な施工が求められるところとなります。

 

平塚市、藤沢市周辺の雨漏りや屋根修理、防水工事は株式会社ユミザインテック平塚にお任せください。
当社ではプロの雨漏り診断士による様々な雨漏り・水漏れの診断検査・補修を承っています。
また、ドローン調査も行っております。雨漏りにお困りならぜひユミザインテック平塚までご相談ください。

お問い合わせはこちらから

2020.12.18

Contactお問い合わせ

  • 0120-410-502
  • お問い合わせ
ドローン調査も行っております
スマホサイトはこちら